アロマで虫よけスプレー&虫よけ剤を作ろう♪

こんにちは。

ロサンゼルスから発信中です♪

Satomi's Herb Soapホームページは、こちらから



今日、

乾燥地帯のロサンゼルスで蚊を発見して、びっくりしました。Σ(´∀`;)

暑いけど、朝晩は涼しく過ごせて、(だけど、ものすごく喉が渇きます!)

ロサンゼルスは乾燥しているので、

湿気がなく汗をかくことがないので、わからなかったけど、

少し湿度があるようです。💦

蚊がいるなんて~驚き。<たまに、出るよ~って聞きますけどね。

私の住んでいる地域では、めったに出現しないんですよ。



蚊を退治するのは、アロマ精油のティーツリーがお勧めです。
と、いっても、蚊は、死ぬわけではなく、弱って出てきます。笑

【虫よけスプレーの作り方】

◎精製水(ミネラルウオーターでもOK)40cc
◎保湿成分(私は、グリセリンを使ってます。薬局で購入できます)15滴
◎ティーツリー精油は、15滴くらいまで。(身体に使うときは15滴以内に)

でも、身体に使用しないときは、ティーツリーの精油は、どれだけ使ってもOKです。

ティーツリー精油に混ぜて、レモン精油やサイプレス精油、ペパーミントや、ユーカリ精油も混ぜても良いかもしれません。全部で15滴以内でしたら身体にも使用可能です。

ちなみに、レモンとサイプレスの精油の相性はよくて、心を落ち着かせる働きもあります♪
どちらも、スキッツ!とした香りですからね。

スプレー容器に入れて振って使います。



あと、便利なのが、虫よけ材。

【虫よけ材の作り方】

重曹にティーツリー精油(レモン、サイプレスなども混ぜてもOK)を入れておいとくだけ。

身体に使用しない限り、精油の量は気にしなくてもいいです。



今、上記でご紹介した精油の種類は、

身体に使用する場合は、紫外線を帯びると刺激される場合がありますのでね~

もし、身体に使用する場合は、寝る前などに使用することお勧めします。


あとは、ペパーミント精油は、目の近くで使わないこと。
粘膜を刺激することがありますので・・

そして、どの精油も妊婦さんは、控えたほうが良いです。


まーーーそう考えますと、

本当の植物でも、身体に使用注意があるくらいですから、

市販のスプレーなどは、かなり危険かもしれませんね(;・∀・)

私は、昔、アリを退治するのに、

市販のスプレー買ってきたことがあったのですが、

そのあと、1日中頭が痛くなったことがあるので・・

そりゃ、虫が死ぬくらいだから、やっぱし、危険。


はぁ、しかし、虫退治・・めんどくさいですよね

身体張って退治ですから。"(-""-)"


エッセンシャルオイル(精油)も販売してまーす。

こちらから。



↓応援ありがとう↓


にほんブログ村


タロット占い ブログランキングへ


にほんブログ村

blogram投票ボタン

http://ameblo.jp/herbsoap/entry-12187801283.html

You may also like...